タルミとは、加齢によって重力に耐えきれなくなった肌が下へ下へと移動してしまう現象で、
地球上に住む限り仕方がないことだといえます。

タルミの原因

タルミの原因は単に加齢だけではありません。大まかに分けると3つあり、一つ目が肌の乾燥
二つ目が肌を支えているコラーゲンやエラスチンの減少
三つ目が顔を支えている筋肉の衰えや脂肪の増加です。
一口にタルミを解消したいといっても、原因によって対処法が異なりますので、
まずはご自分のたるみの原因を探ることが大切です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

タルミを作らない!!たるむ原因への対処法 ~乾燥~

では、具体的にタルミの原因とその対処法をご紹介します。
まずは乾燥です。肌の乾燥はタルミも引き起こすのです。
最近、頬の毛穴が目立ってきたと感じることはありませんか?
毛穴が開いて目立ってきたという時は、毛穴が広がったというわけではなく、
毛穴の周りの皮膚が張りをなくし、毛穴が落ち込んでいる状態なのです。
このままにしておくと、頬が垂れ下がり、顔全体の張りも失われてしまいます。
肌を乾燥から防ぐ方法は、とにかく水分を与えることです。
高価な化粧水を少しずつ使うより、安価のものでもたっぷりと使うほうが乾燥肌には効果的です。
水分を与えて、乳液でふたをする、この習慣が乾燥によるタルミを防ぎます。

タルミを作らない!!たるむ原因への対処法 ~紫外線と癖~

次の原因は紫外線による光老化です。
紫外線というと、シミやソバカスの元というイメージがありますが、シワやタルミにも影響を与えます。
紫外線を浴びると、皮膚を伸展させる役割を持つエラスチンが不規則に変化し、その柔軟性を失ってしまいます。
さらに、肌に張りを持たせるコラーゲンの生産が減ってしまうのです。
この二つの影響で肌の張りがなくなり、タルミを引き起こします。
紫外線を防ぐ方法は、今更ご紹介するほどでもありませんが、
日焼け止めを使ったり、日傘や帽子で日射しをさえぎったりすることです。
すでに紫外線をたくさん浴びてしまったという方は、サプリメントで補ったり、
エラスチンやコラーゲンが配合されたアンチエイジング効果の高い化粧品を使ってみてください。

そのほかの原因として、表情や癖があります。
例えば、仕事や趣味でパソコンばかり使っている人は、表情をあまり変えないので筋肉が衰えてしまったり、
頬杖を付く癖は手のひらの力を頬にあてるので肌の負担になってしまったり、
うつむいてばかりの人は頬がたるみやすかったりします。
人が生きていくために当たり前の行為、よくしゃべり、よく笑うことがタルミの予防にもなるのです。
このように、タルミの予防法や対処法はどれも簡単です。
すぐに解消したいというような場合にはエステや美容整形の施術を受けることになりますが、
まずは日常生活から見直してみてはいかがでしょうか。

ポイントチェック!

老人ホームなんてどこも同じ?(ロウホーナビ)・・って、そんなことはないですよね。よく調べましょう。