肌に影を落とすにっくきシミ…
肌にシミができる原因の70%は紫外線だと言われています。

紫外線はお肌の大敵!!

以前は日光を浴びることは健康上必要だとされてきましたが、今は外の空気に触れるだけで充分だと
考え方が変わってきています。皮膚に紫外線が届くと、皮膚はメラニン色素を作って防御しようとします。
メラニン色素が少しずつ皮膚表面に移動して、皮膚を守っている状態が日焼けです。
皮膚の新陳代謝が高い子供や若いうちは、メラニン色素も役目を終えると剥がれおちて元の肌に戻るのですが、
年をとって新陳代謝が落ちてくるとメラニン色素が沈着し、シミとなってしまう のです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

シミができちゃった!!さてどうする??

では、シミができてしまったらどうすればいいのでしょうか。
まず、肌の表面にできた薄いシミは、洗顔後化粧水で水分をたっぷりと補給した後、
美白効果のあるフェイスパックをして表面にある色素を吸い上げると効果があります。
そして、これ以上紫外線を浴びないように紫外線対策を行うこと、
日頃から化粧水や保湿効果が高い美容液を使って肌の水分を保つことが大切です。

年季の入った濃いシミの場合は、上記の対策にプラスして、ビタミンC誘導体入りの美容液を使ったり、
食事やサプリメントでビタミンCを多く取ったりするよう心がけてください。
ピーリングパックなどの、新しい肌に再生させるケアもシミを薄くする効果があります。
濃いシミはなかなか取れないので、長く続ける根気が必要です。

紫外線対策は徹底的に

次に、紫外線対策について考えてみましょう。
紫外線というと、夏、晴れた日、直射日光が一番肌に影響すると思われがちですが、
紫外線は1年中、曇りの日や雨の日でも、家や車の中などガラス越しでも降り注いているのです。
つまり、1年中対策が必要なのです。最もよく使われる対策の一つが日焼け止めクリームですが、
効果の高いものは肌への負担も大きくなります。
真夏でも、効果の低めの物を何回か塗りなおすことが理想的です。
他には、サングラス、帽子、日傘などで日射しをさえぎること、
紫外線でダメージを受けた肌を回復させるポリフェノールを多く含む
ココアやビタミンCたっぷりのキウイなどをとることも紫外線対策になります。

また、乾燥した肌は紫外線の影響を受けやすくなります
体の中からも、外からも、水分補給を心がけてください。
どうしても薄くならないシミは、クリニックでレーザー治療を受けるという方法があります。
レーザーで軽いやけど状態にし、皮膚の再生を促します。
しかし、治療を受ければ2度とできないわけではないので、引き続き紫外線対策を行うことが大切です。

一方で、レーザー治療を受けても良くならないシミがあります。
肝斑と呼ばれるもので、内臓の働きが弱くなったためできてしまうシミです。
普通のシミと見分けることは難しく、シミを薄くする対策も異なるので、
心当たりがある方は医師の診察を受けてください。