プチ豊胸のプチには、どんな意味があるのでしょうか。
メスを使わずに気軽にできる、という意味合いが「プチ」という言葉に表れているようです。

プチ整形で二重に…

「プチ整形」という言葉が使われはじめた時のことを思い出してみてください。「効果の持続期間が限られているけれど、メスを使わないなら危険も少ないし、挑戦してみよう」という気持ちになった人が多く、手術にチャレンジしたようです。そんなプチ整形の一種である、プチ豊胸(SUB -Q)に用いられているのは、粒子の大きなヒアルロン酸です。他には、自分の太ももやお腹やお尻の余分な脂肪を移す方法もあります。余分な脂肪を吸引して、バストに注入するのです。自分の脂肪なので安全な物質なのですが、術後にガードルをつける必要があります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

プチ豊胸体験談を参考にしよう!!

プチ豊胸にはヒアルロン酸が使われますが、体内に入れてもアレルギーを起こしにくい成分だといわれています。
しかし、あまり大量にヒアルロン酸を注入しても大丈夫かという点に関しては、まだまだ研究の途中のようです。
インターネットを検索すると、プチ豊胸の体験談が検索されます。
こうした体験談を読んでみると、「胸が大きくなった=成功」となっているものが多いです。
しかし、こういったトラブル情報についての書き込みは、まだまだ少ないようです。
「クリニックから説明はあったかどうか?」「実際にトラブルがあったかどうか?」ということも書き込んであったら、
知りたいと思います。プチ豊胸を考えていて、体験談を読んでみたいという人は、トラブル情報にも注意してください。
いざという時にも、きちんと対処してくれるクリニックを選びたいですよね。

プチ整形の口コミ情報をチェックするときは…

豊胸術をしたいと思う人は多いと思います。女性の外見にも大きな変化を与えると思います。
年度の変わり目や、転勤、引越しなどを機会として、豊胸手術を受けようという内容のキャンペーン広告
出されることがあります。「かつての友人・知人にばれないように」プチ豊胸をしてしまおうという訳です。
しかし、プチ整形とはいえ生活がばたばたとしている時期に手術するのは危険です。
同じクリニックで経過観察ができない、といったリスクもあります。
そのため、キャンペーン広告だけで判断するのでは危険です。自分の生活環境なども考えることが大切です。
「プチ」とはいえ、危険も伴います。お気軽なイメージ騙されないようにしましょう。
日本形成外科学会は次のように、提言していますよ。
『ハイドロジェル、ヒアルロン酸、中国製のアメージングジェルという商品を乳房に大量注入することは
 日本ではいまだ学会で認知されていません。また、かつてのシリコンやワセリンの注入による多くの後遺症の発生
 に対する反省もあります。現在のところは安易に受けない方がよい豊胸術です。 』