ほうれい線とは………
小鼻の両脇から唇の両端に伸びる二本の線のことをいいます。

ほうれい線が目立つ人は5歳老けて見える?!

ほうれい線は、鼻を挟んで顔面の真ん中を「ハ」の字に走るしわのことです。
ほうれい線が目立つかどうかは見た目年齢を決める大きな要素となり、
目立っている人はそうでない人より5歳は老けて見えると言われています。
しかし、ほうれい線は年をとると急に出てくるしわではありません。
生まれたばかりの赤ちゃんにもあるのです。若いころまではこのしわが目立たないけれど、
年をとると様々な要因が重なって目立ってしまうのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

ほうれい線が目立つ原因

ほうれい線がくっきり目立ってしまう原因の1番に、表情筋が衰えたことによる「肌のたるみ」が挙げられます。
表情筋とは顔面の下にある筋肉で、目、鼻、口などを動かす筋肉です。
若いうちはこの筋肉が重力より強いので張りのある肌を保てますが、年をとるにつれて筋肉がゆるみ、
重力に耐えられなくなって頬が全体的に下がってきてしまい、しわを作ってしまうのです。
2番目の原因は、紫外線と乾燥です。紫外線は肌の奥まで入り込み皮膚組織を傷めるので、
しわ、しみなど肌の老化現象の大きな要因と言われていますし、
乾燥していると、紫外線などの刺激物質の影響を受けやすくなり、
潤いがないため余計にしわが目立ってしまうのです。

ほうれい線予防法、対処法

ほうれい線は、目立ってきてからあわてて消そうとするよりも、
目立たないうちから予防するほうが効果的です。
予防方法として、まず表情筋の衰えに対しては体操やマッサージがあります。
表情筋の中でも、ほうれい線に関係がある頬の周りの筋肉を鍛えるには、顎を上に向けたり下に向けたりしながら、
大きな口をあけて「アイウエオ」と発音したり、口いっぱいに空気をためたりすぼめたりする動きや、
「イ」の形に口を広げ、歯を食いしばるという動作も効果があります。
いずれも、使われている筋肉を感じながらゆっくり行うことがポイントです。
マッサージの方法はいろいろあり、本やDVDも多く出回っていますが、
クリームやオイルなどで指の滑りを良くしてから行わなければ、逆に摩擦で肌を傷めてしまうので注意が必要です。

紫外線や乾燥には、ありきたりですが、日焼け止めを塗ること、化粧水をたっぷり肌にしみこませることが大切です。
上に挙げた方法により効果を実感するには、根気と長い時間が必要です。
目立ってしまったほうれい線を今すぐ消したいという場合には、美容整形外科の治療を受けることになります。
メスを使わないプチ整形の分野で、ヒアルロン酸やコラーゲンをほうれい線の溝に注射する方法があります。
ヒアルロン酸やコラーゲンはもともと肌に含まれる成分ですので、徐々に肌の組織に定着し、
肌の弾力やハリを取り戻しますが、効果は永久に持続するものではないので、定期的に注射を受ける必要があります。
プチ整形で効果が出ないくらい深いしわの場合は、
皮膚を切り取ってしわを伸ばすように吊り上げるフェイスリフトという方法もあります。
こちらの効果は半永久的に続くと言われています。
どの施術を受けるかは、医師としわの状況やメリット・デメリットをよく話し合って決定することをお勧めします。