エラ削りとは、エラと呼ばれる下顎角骨(あご両側の骨が角ばった部分)
を削って顔の輪郭を変える手術です。

エラ削りのメリット

大きく見えてしまうえらの張った顔や四角い顔を、卵型の小さい顔に変えたいときに有効な方法としては、
エラ削りのほかに脂肪吸引やボトックスもありますが、脂肪吸引は腫れが1~2週間続き、
手術後のマッサージが必要ですし、ボトックスは6~8ヶ月で効果が薄れてしまうため、
再注入を繰り返さなければなりません。エラ削りなら、骨を露出させて削ってしまうので、
効果が半永久的に続き、顔の印象をガラリと変えることができます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

要注意!!エラ削りを受けるときに気をつけること

エラ削りは美容整形外科で受けることができ、2~3時間で終わる日帰りもしくは1泊入院程度の手術ですが、
メスを使う比較的大がかりな手術になりますので、デメリットをよく確認しておく必要があります。

まず挙げられるデメリットは、成功と失敗を分けるのは見た目の問題のため、
医師のイメージと患者のイメージが異なっていると、
医師にとっての成功が患者にとれば失敗となってしまうことがあるという点です。
これについては、事前のカウンセリングでよく話し合っておくしか解決法はありません。

また、輪郭の手術は専門知識と技術が必要で、失敗してしまうと左右のバランスが悪くなったり、
血管や神経が傷つけられてりして、日常生活に支障をきたす場合があります

高度な技術を持った医師がいるクリニックを選ぶことも大切です。

さらに、エラ削りの方法は口腔内から行う方法と、外側から行う方法があり、
口腔内からの手術は表面に傷が残ることはありませんが、外側からの手術では目立たないところに
小さく残ってしまうので、どこに、どれくらいの傷が残るのかもよく確認してください。
最後に、エラ削りは骨の手術であるため術後の腫れが強く、腫れが引くまでに3~4週間かかります
お休みなどを利用して受ける方は特に、術後どれくらいで包帯が取れ、腫れが引くのか、よく確認してください。

エラ削りの体験談を参考にして理想のフェイスラインに

目は顔の印象を決定づける大切なポイントで、二重瞼や目を大きく見せることは
ある程度メイクでカバーすることができます。
しかし、フェイスラインは小顔体操などしても効果はなかなか現れないし、
メイクでも効果をあげにくい部分です。エラ削りのリスクはいくつかありますが、
手術を受けて満足している人もたくさんいます。
ブログなどで成功・失敗談を公開している人も多くいますので、情報をたくさん集めて、
納得のいくフェイスラインが手に入れられるといいですね。