大豆イソフラボンは、女性ホルモンである「エストロゲン」と似た働きをすると言われています。
そのため、様々な効果が期待され、注目を集めています。

ワイルドヤムって??

大豆イソフラボンは、とりわけ、更年期障害に関しての効果や、抗がん効果などに注目が集まっているようです。
更年期障害は、のぼせ、ほてり、心悸亢進、発汗、冷え性、憂うつ感、焦燥感、不眠、耳鳴り、
記憶力・判断力の低下、しびれ、下痢、頻尿、肩こり、腰痛、全身倦怠感などといった症状が起こります。
閉経によって、女性ホルモンが減少することが原因です。大豆イソフラボンを摂取して、
女性ホルモンを補充しましょう。その結果、これらの症状を緩和することができるのです。
大豆イソフラボンは、効果が注目される前から、女性の必需品であったようです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

大豆イソフラボンの適正摂取量

ヘルシー素材として大豆が注目されるようになり、大豆イソフラボンにも注目が集まるようになりました
大豆イソフラボンの理想的な摂取量は、1日に40mg~50mgといわれています。
これより多く摂取しても、残念ながら、体外に排泄されてしまいます。
そのため、基本的には取り過ぎを心配する必要はないと思います。
とはいえ、要らないものをわざわざ体内に取り込む必要はありませんよね。
適度な量を摂取するようにしましょう。
理想的な摂取量は、具体的にはどのくらいの食材を取ればよいのでしょうか。
豆腐なら150g(半丁)、きな粉なら20g位です。

これを見ると、無理して摂取するのではなく人間が日常生活を送る上で、
普通に食べる量の大豆製品をとっていれば、いいことがわかります。 イソフラボンを摂取できることがわかりますね。
また、イソフラボンは弱い働きをする女性ホルモンと考えても良いほどに、同じような働きをします。
子宮筋腫や子宮内膜症のかたは、必ず担当の医師や薬剤師などに相談してください。

大豆イソフラボンとカプサイシンの関係

大豆イソフラボンには、わざわざ「大豆」という名前が付いています。それは何故でしょう。
イソフラボンとは、大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイドの一種だからです。
今までに、15種類の大豆イソフラボンが確認されています。
日本人の食生活は、昔から豆製品を摂取する習慣がありました。
健康食という観点からみても、日本食は優れたものですね。
イソフラボンは実際に体内で利用されるホルモンより、ずっと弱い働きをするものですし、自然に存在する成分です。
昔から大豆製品を口にしてきた日本人には、普通に摂取してきたという歴史もあります。
副作用の心配も少ないでしょう。カプサイシンなどの他の成分と一緒に摂取しても大丈夫だと言われています。
しかし、子宮筋腫や子宮内膜症の人は注意が必要です。
通常より多めに摂取したいと思う場合には、必ず担当の医師の相談が必要です。