日本人の肌は黄みがかかっているため、白人のような白い肌にはなれませんが、シミ・そばかすやくすみのない、
透き通るような白い肌には誰もが憧れますよね。そのような白い肌を作ることを美白といいます。

美白は毎日のケアが大切

最近は化粧品のCMやパッケージにも多く使われているので、
美白という言葉を聞いたことがない人はいないのではないでしょうか。
美白の大敵とも言われるシミやそばかすは、出来てしまうと薄くするには
大変な時間と労力が必要になります。
毎日のスキンケアや生活習慣で美白を心がけ、早めに対処することが美白作りには欠かせません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

肌が白くならない原因

肌が白くならない原因は6つ考えられます。
まず一番大きな原因は紫外線
ちょっとだからとUVケアをせずに出かけていませんか?
曇りの日や雨の日も紫外線は降り注いでいるので、毎日日焼け止めはかかせません。

2つ目は肌への刺激。洗顔のとき泡立てずにごしごしこすっていたり、
タオルで強く拭いたりして肌に刺激を与えると、色素が沈着してしまいます。

3つ目はストレス。ストレスがたまるとホルモンバランスが悪くなったり、
血行が悪くなって肌の新陳代謝が滞ったりします。

4つ目は食事。タンパク質・ビタミン・ミネラルは美白に欠かせない成分です。
食事から取るのが理想的ですが、サプリメントも上手に活用してください。

5つ目はホルモンバランス
卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌バランスが変わると色素が沈着しやすくなりますので、
生理前や妊娠中は特にUVケアを念入りに行ってください。

そして最後の6つ目は血流
運動不足の人や毎日シャワーだけで済ませている人は血流が悪くなりやすく、
新陳代謝が低下し、肌がくすんでしまいます。軽い運動やお風呂で血行を促すようにしましょう。

おすすめ美白成分

上記の6つの原因を取り除きつつ、美白効果のある化粧品を使うと効果的です。
一般的に美白化粧品に含まれる成分は、メラニンの色を薄くし、抗酸化作用もあるビタミンC
代謝を活性させてメラニンの排出を促し、生成を抑えるプラセンタエキス、メラニンを作る酵素の働きを抑え、
メラニンが過剰にできないようにするアルブチンやコウジ酸などです。

これらの成分を含む化粧水、美容液等を使うようになりますが、
成分によって美白へのアプローチが異なりますし、肌に合う・合わないがありますので、
口コミ情報を参考にしながらいろいろ試してみることをお勧めします。
さらに、シミが気になる部分にスポッツケアや、肌のターンオーバーを整えるマッサージやパックなど
を組み合わせると効果がアップします。