最近よく耳にする「アンチエイジング」という言葉。
日本語に直すと「抗老化」「抗加齢」となり、「いつまでも若いままでいたい」という願いにこたえるものです。

アンチエイジングって??

アンチエイジングという考えは最近誕生したばかりの新しい学問で、よく時計の針にたとえて、
「針を止める」ことではなく、「針を少し戻して、その進みを遅らせる」取り組みを行うと言われます。
つまり、スキンケアや医学的治療によって外部から皮膚をケアして針を逆戻りさせ、
サプリメントやホルモン補充などによって内部から若返りを図り、
針の進みを遅らせるのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

肌老化の原因

そもそも、なぜ肌は老化してしまうのでしょうか。
その原因は大きく分けて4つ挙げられます。一つめは紫外線による光老化
紫外線を浴びるとメラニンが作られ、これが沈着するとシミやそばかすの元になったり、
コラーゲンやエラスチンを破壊するため肌のハリがなくなってシワになったりと、肌の老化を進めます。

二つ目は肌の酸化。体内に取り込まれた酸素の一部が変化して活性酸素となると、
これが脂質と結合して酸化され、コラーゲンなどを硬くして皮膚のハリをなくしてしまうのです。

三つ目は乾燥。20歳を過ぎると、女性の肌からは角質の潤いを保つ保湿成分が減少してきます。
乾燥すると角質層の表面がはがれやすくなり、さらに水分が蒸発するという悪循環に陥ります。
こうして水分を失った肌は薄く硬くなり、シワになってしまいます。

四つ目は肌が薄くなること。年齢とともに肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンの量が減少し、
新しい肌細胞を作る力も衰え、表皮が薄くなってしまいます。
その結果、ハリを失った肌にシワやたるみができるのです。

アンチエイジング対策

では、アンチエイジング対策を具体的にご紹介します。
まずは時計の針を少し戻すために、失われたコラーゲンやエラスチンを補います。
これらを含んだ化粧品やサプリメントを使うと効果的です。

また、活性酸素を無害な物質に変化させる抗酸化物質として、
コエンザイムQ10やビタミンC・Eなどを補うことも有効です。

そして、針の進みを遅くするために行うのがホルモン補充です。
加齢とともに女性ホルモンの分泌が減り、コラーゲンの分泌量の低下や新陳代謝の低下を招きます。

そのため、医療機関でホルモンバランスを調べ、不足しているホルモンをクリーム塗布、
スプレー、サプリメント、注射などの方法で補うと効果的です。

アンチエイジングは、施術後すぐの効果ではなく数年後の効果を期待して行うものなので、
期待通りの効果が現れるかどうか、どの施術が適しているかなどわかりにくいところがあります。
注目を集めているブログなども参考にしながら、今後の研究に期待したいものです。

海外FXのこと

これからFXをやるなら海外でという言葉はよく聞きますが、確かにレバレッジのことを考えると、海外FXの事業者のほうがメリットは大きいですよね。